闇金融の手口と借りてしまったら

闇金融とは?

ヤミ金融という言葉はよく聞きますし、闇金融の被害に遭う人も後を絶ちません。
そこで、闇金融に関する正しい知識を身に付けておく必要があります。
では、闇金融とは一体どのような金融なのでしょうか?
通常、消費者金融などの貸金業者では必ず各都道府県の認可があってはじめて貸金業者としての業務をおこなうことができます。
しかし、闇金融ではこうした貸金業者としての届け出も、貸金業法に則った業務もおこなっていません。
法律そっちのけの業者が闇金融です。

 

貸金業者として国から認可されると、貸金業者としての登録番号が与えられます。
公正な貸金業者は登録番号が必ずホームページなどに明記されています。
また、この登録番号には()内に数字が入ります。
この数字は、登録されて最初の3年間は(1)となり、以後3年ごとの更新によって数字が徐々に増えていきます。
つまりこの数字が多いほど信頼のある業者ということになります。

 

たとえ、登録番号を明記していて国から認可されているとしても、登録番号の()内が(1)などの場合は、危険です。
公正な手続を踏めばどのような金融でも貸金業者としての届出を出せますが、悪徳な金融の場合は、認可が降りた後に悪徳な商売を続けて、また名前などを変えて登録し直すということを繰り返す場合もあります。
(1)の業者は、まだ登録したてということですから信頼には値しません。
信用のある即日融資カードローン金融会社はコチラからどうぞ

 

貸金業者として登録されて、その後も公正な業務をおこなうことによって()内の番号は増えていきます。


闇金融の手口

闇金業者は、どのようにして消費者に近づくのでしょうか?闇金融は貸金業法に則った運営も国からの認可も受けていませんから、当然あまり表立った宣伝はできません。
当然テレビCMで宣伝することもしませんし、公的な宣伝方法は一切使いません。
その代わり織り込みチラシやインターネット広告などで細々と宣伝をします。

 

一般の人から見れば、それで集客ができるのかと思うかもしれませんが、闇金融は本当にお金に困った騙しやすい人の目にのみ触れればそれでいいのです。
一般人からすれば気にしないような広告でも、どこからも借入を断られ、お金に困っている人の目にははっきりと飛び込みます。
そうした巧みな手口を利用して、よりお金に困っている人のみに気付かれるような宣伝をおこなっています。

 

他にも、近年ではさまざまな手口があります。
たとえば、最近テレビCMなどでもよく目にする法律相談事務所を偽って債務者に近づいて債務相談を受ける代わりに高額な費用をとったり、返済のために特別な金融を紹介するといって提携している闇金融を紹介するなどの手口があります。
さらに、近年では銀行の融資制度も非常に活発で、銀行では貸金業者として認可を受ける必要がないことから、銀行名を偽ったヤミ金業者もいます。

 

これらの闇金融のほとんどは、どこかで聞いたことのあるような会社名で消費者に近づきます。
全く聞いた事のない名前よりは、どこかで聞いたことのある名前のほうが消費者を騙しやすいからです。
FX口座開設